• トップ

指定の矯正歯科で治療

矯正歯科では歯列矯正の治療が可能です。顎変形症は顎矯正手術が可能な病院で手術をし、その病院と提携している矯正歯科で手術前後の矯正治療が可能なので、顎変形症を治療する場合は、矯正歯科に相談することも良い選択です。顎変形症は上顎か下顎が前に伸び過ぎていたり、顎が小さく上下の歯の噛み合わせが大きくずれてしまっていたり、顔が歪んで非対称などの状態をいいます。これらの状態である場合は良く噛むことができなかったり、言葉が喋りにくいなどの障害が発生することがあります。受け口であることも多く、容姿に悩みを抱えている人は少なくありません。子供場合の治療法は歯列矯正で治療することが可能ですが、大人になると治療の時間がないなどいくつかの制約などで治療することが難しいこともあります。特に大人になってからの顎変形症の治療法は、矯正治療と顎矯正手術を組み合わせる治療法です。手術により上顎骨や下顎骨など骨全体を前後や上下などに移動したり、歯などの骨の部分を切って動かすなどの方法があります。顎変形症は指定された診療施設の矯正歯科などで手術前後の矯正治療と手術が保険適用です。手術は提携している病院で行うため、信頼できる矯正歯科にまず相談するのは改善に向けての第一歩になります。

矯正歯科の基礎情報

新着情報

↑PAGE TOP