トップ

助産院でリラックス出産

助産院の魅力はアットホーム

助産院はアットホームなところ

出産は、産婦人科などの医療機関だけでなく「助産院」を利用する方法もあります。最近では助産院での出産に満足している妊婦が増えているのです。どのような魅力があるのでしょうか。

「助産院」とは国家資格を持つ助産婦が、妊婦の管理や健診、分娩、出産後の育児に至るまでサポートしてくれる施設です。産婦人科と違って医療行為はできないため、利用できるのは自然分娩が可能な妊婦に限られますが、必ず嘱託の医師を定めることが義務付けられているので、万が一の時は医療機関に搬送できる体制が整えられています。

助産院の魅力は、アットホームな雰囲気です。基本的に1人の助産婦がすべてを受け持つので、親身になって話を聞いてくれます。特に初めての出産は経験が無いために多くの妊婦が不安を抱きがちですが、気軽に相談できるので安心感が得られます。

産婦人科では医療行為ができるメリットがある一方で、多くの妊婦を受け入れるため健診のたびに長時間待たされたり、ようやく自分の番が回ってきても十分に話ができないデメリットがあります。大きな病院になるほど担当の医師や看護師が変わりやすい点も不満に思えるでしょう。

また分娩においても病院側の都合が優先されるため、家族が立ち合えなかったり、分娩を促すために望まない投薬を受ける可能性があります。そもそも分娩台で仰向けになるスタイルを苦痛に感じる妊婦もいるのです。

助産院ではこのような心配を解消し、自分のペースで出産できます。場所や環境を選べたり、楽な姿勢を取れるので「苦痛をあまり感じなかった」という声もあるほどです。その間も常に助産婦がサポートしてくれるので、妊婦には心強いでしょう。

出産にかかる費用は助産院によって異なりますが、産婦人科より1~2割は安くなるところが多いようです。自宅出産のように入院が必要無ければ、20万円台で済む場合もあります。